歯の神経をとることのデメリット

歯の神経はあって良い事はあっても、無くなって良い事はありません。
その為、治療をしていて歯の神経を取る以外の方法がまだ残っているのなら、そちらを優先して試してみて、最終手段として歯の神経を取るようにした方が良いのです。

歯の内部はトンネル状になっており、その中に神経や血管が通っています。
歯の栄養はこの内部にある血管によって送られていますが、神経を取るということはこの血管も一緒に取らなければなりません。
また、神経を取ると痛みが無くなるのでこれをメリットと考える方もいますが、痛みがあるということは歯に異常が起こっていることの体からのサインでもありますので、必ずしもメリットとは言えないでしょう。
この痛みがないということは、これから先、同じ歯に異常が起こっても気付くことが遅れてしまい、最悪の場合手遅れにもなってしまいます。

さらに神経を取ってしまうと、歯の強度が通常の10分の1以下になってしまい、ちょっとしたことで歯が欠けてしまったり抜けてしまったりしてしまうのも、大きなデメリットでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る