インプラントが出来ない人について

インプラント治療は無くなってしまった歯の代わりに、自分の歯のように使える人工歯を埋め込む治療法で、入れ歯などに悩んでいる方にとって非常に魅力的な治療法です。
しかし、全員が全員インプラント治療を受けられる訳ではありませんので、今回はどういった方がインプラント治療を受けられないのかをまとめてみたいと思います。

最初に簡単に説明すると、全身的、又は口内に局所的な問題がある場合はインプラント治療を行なう事が出来ません。
全身的な理由としては心臓病や糖尿病などの全心疾患、ヘビースモーカーの方、骨の発達が不十分な18歳未満の方がインプラント対象外です。
ただし全身疾患の方は、普段診てもらっている医師の判断によって可能な場合もあるので、まずはそちらに相談すると良いと思います。
また口内の問題として、骨が少ない方、重度の歯周病になってしまっている方、口が開かない方、そして歯ぎしりが強い方などはインプラント治療が難しくなってきてしまいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る