お子様の矯正治療の流れ

お子様の歯の矯正は、顎骨の成長がまだ完全に終わっていないという事もあり、その成長スピードに合わせて行なわれていくのが一般的です。

最初期に行なわれるのが骨格が固まっていない段階で正確なスペースを作る為の治療で、将来的に歯が正しい位置に生えていく事を目標にした治療となります。
そして永久歯が生え揃った後に歯を動かしていき、本格的な矯正治療が開始していきます。
歯の位置決めには6歳臼歯と呼ばれる歯が基準になり、そこから噛み合わせも正しい状態に作り上げていく事になります。
更に正しくない方向に伸びようとしている永久歯を見つけたら、完全に生えきった時点で治療が行なわれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る