歯の着色汚れの原因・対策

毎日ちゃんと歯を磨いていても、歯が黄ばんでしまう方は多くいらっしゃいます。
芸能人のような白い歯は誰もが憧れますが、一度黄ばんでしまった歯は自力では簡単に白く戻す事はできません。

歯の黄ばみの原因は主に食べ物や飲み物による着色汚れです。
特に着色汚れが起きやすい物は、ワインや紅茶、コーヒーなどの濃い色の飲み物、カレーやチョコレート、ブルーベリーやぶどう、また意外なものとして納豆などの大豆製品も挙げられます。

しかしこれらを全く摂取しないという訳でもありませんから、着色汚れを避けるのなら出来る限りの対策をするといいでしょう。
例えば水を交互に取るようにするだけでも着色汚れの防止になりますし、ステイン除去効果のある歯磨き粉を利用するのも一つの予防になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る