赤ちゃんの歯の為になる食べ物って?

妊娠中に食べるものに気をつけていれば、今後生まれてくる赤ちゃんの歯の為にもなるのはご存知でしょうか。

その代表的なものとしてフッ素を含んだ食べ物が挙げられます。
例えば海藻類やイワシ、牛肉、ジャガイモなどはフッ素も含まれていて赤ちゃんに悪い影響を与えない食べ物ですのでおすすめです。
お茶にもフッ素は含まれていますが、同時にカフェインが含まれているのでこちらはあまりおすすめできません。

フッ素と聞くと歯に良いのは知っていても直接歯に塗るもののイメージが強くなってしまいますが、実はフッ素は塗るよりも歯が出来る時期に食事で摂取した方が効率がいいのです。
そして乳歯が体の中で作られる時期と言うのは、妊娠中から乳歯が生える前までの時期、そして永久歯は妊娠中から12歳前後となりますので、妊娠中にフッ素を摂取しておく事はお子様の一生の歯を強くする事にも繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る