入れ歯とインプラントの比較

様々な原因で歯を失ってしまった時、現在では入れ歯の他にもインプラントという選択肢が普及してきました。

入れ歯は部分入れ歯や総入れ歯があり、保険が適用できたり自由診療で作ったりと幅広い選択肢があります。
一方でインプラントは人工歯根を埋め込んで義歯を被せる方法で、非常に天然に近い働きをしてくれることで人気です。
他にも入れ歯は取り外しが自由だったり、インプラントは一度作ると取り外せないなどの細かい違いがあるため一概にどちらが良いとは言えません。

入れ歯は古くから使われてきた治療法ですので、熟知している医師も多く、様々な症例に柔軟に対応してもらいやすいのが魅力です。
インプラントは入れ歯と違い噛む力が殆ど衰えないので、入れ歯では楽しめない食事でも自分の歯と同じように楽しめるのがメリットでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る