虫歯で損すること

一言で虫歯と言っても進行度や本数によっても損することは変わってきますので、今回は前から6番目の、奥歯の中では最初に生えてくる歯が虫歯になったと仮定したお話をまとめてみます。

例えば窓口負担が3割の方がプラスチックを詰める治療をして終わりの軽度の虫歯になった場合、治療回数は1回、初診料とレントゲン撮影、プラスチックを詰める作業でおおよそ1,800円程度かかります。
虫歯が大きくなってしまって金属の詰め物が必要になってくると、今度は型取りが必要になるので治療回数が2回に増え、初診料とレントゲン撮影の他に、歯を削って型を取り、出来たものをセットすると、料金も3,500円前後に上がってしまいます。
更に被せ物をする必要が出てくると5,000円前後、神経を抜いたりする必要が出てくると治療回数も5回程度になり、治療費も10,500円前後必要になってきます。

このように虫歯が進行すればするほど、治療に必要な時間やお金が必要になってきてしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る