歯垢と歯石の違い

歯垢と歯石は歯のケアのことを調べていると良く目にしますが、それぞれ似た印象を受けつつも実は大きく違う意味を持つ言葉なのです。

例えば食事をした後に歯磨きをせず数時間過ごした時、指で歯の表面を擦ってみると指にベトベトしたものが付くと思いますが、それが歯垢です。
歯垢は食べカスと勘違いされやすいですが、実は細菌の塊で、1mgの歯垢には1億個以上の細菌が存在しているとも言われています。
歯垢は柔らかいので歯磨きやデンタルフロスでケアすれば取り除くことが出来ます。

歯石は歯磨きをしなかったり、歯磨きをしていても残ってしまった歯垢が放置したことで石灰化したものです。
歯垢は大体2、3日で石灰化を始め、最終的に歯石になります。
先ほども記載した通り、歯垢は柔らかいので歯磨きでも取り除くことは出来ますが、歯石になってしまうと普段私たちが出来るケアでは取り除くことが出来ません。
歯石は表面がザラザラしていることから虫歯菌などが付きやすく、放置しておくと虫歯を始めとした様々な歯の不調の原因となってしまいます。

歯石は歯科医院で取り除くことが出来ますので、ちゃんと歯を磨いていても数ヶ月に一度は歯石を取ってもらうのが理想的です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る