Y型・F型フロスの使い方

今回は持ち手のあるタイプのフロスである、Y型フロス、F型フロスの使い方についてご紹介致します。

まずF型フロスは歯に糸を沿わせ、糸鋸を引くように磨いていってください。
上から下までゆっくりと磨いていき、歯茎まで糸が到達した所で少しフロスを手前に引いてから糸を引き上げます。

次にY型フロスですが、こちらは主に奥歯の歯間に使います。
歯に糸を沿わせたら、F型フロスと同じように糸鋸を引くようにして磨き、歯茎になったら手前に引いて糸を引き上げてください。

どちらのフロスにも共通していえる注意点が、使い捨てにするということです。
たまに歯ブラシのように何回も同じフロスを使用しているという方がいらっしゃいますが、これではフロスに歯垢が溜まっていってしまい、せっかくフロスを使っても歯間にある歯垢の除去率が悪くなってしまいます。
本来は1回のケアで1本しかフロスを使わないで歯間全てを磨くのも良くないほどですので、変えられるのなら常に清潔な状態のフロスで磨きたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る