歯の詰め物の種類

歯に入れる詰め物には、ちょっとしたところにも違いがあるのをご存知でしょうか。
今回は特に奥歯の治療で作られる、様々な種類の詰め物の材料についてご紹介致します。
ここで最も重要なのが詰め物に使われる材料で、「セラミック」「ゴールド」「金銀パラジウム合金(銀歯)」の3種類があります。

まず「セラミック」は審美さを重視する方におすすめの材料で、真っ白な見た目からちょっと見ただけでは歯に詰め物が入れてあると分かりません。
また、金属アレルギーの心配が無いのもセラミックだけの特徴となります。

詰め物は虫歯の治療後に詰め物をした場所から虫歯が再発してしまう、いわゆる「二次虫歯」が起こる可能性がありますが、そのリスクを最小限に抑えるのが「ゴールド」材料の詰め物です。
ゴールドは金属でありながら適度な柔らかさがあるので、二次虫歯の原因である詰め物と歯の隙間をほぼ埋めることができます。
銀歯に比べて金属アレルギーの原因となりにくいのも特徴となります。

最後に銀歯は一般的に使われている詰め物ですが、性能で考えるとセラミックや金歯のように突出するところがありません。
しかし、保険診療で対応してもらえるため、最も費用を抑えて治療をするのに適していると言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る