喫煙と歯の関係とは

インプラントの治療では、喫煙している人ほど腫れやすいと言われていますが、それ以外にも喫煙は歯に影響を及ぼしますので、健康的な歯を維持したいのであれば歯を治療しつつ禁煙することも大切ですよ。

喫煙者は歯の治療でも治りが悪く、歯へのリスクにもなりますし、歯の細菌を改善するためには血行が関係していますが、喫煙していると血流が悪くなりますので、歯茎や骨にも悪い影響を与えてしまうのです。

喫煙者は、歯周病の治療を行っても治りが遅いですし、虫歯でも受動喫煙により子どもの歯茎が変色してしまいますので、家族に喫煙者がいる場合にも注意が必要なのです。

歯の問題を抱えている場合には、まず禁煙することから考えてみてはいかがでしょう。

http://youtu.be/am9LnsGFxAk

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る