子供が虫歯になるのは母子感染

生まれたばかりの赤ちゃんや子供には、実は虫歯の原因となる虫歯菌は存在していません。
お子様が虫歯菌にかかる原因というのは、お母さんやお父さんからの場合が多いそうです。
例えば同じスプーンや食器で食事をしてしまったり、可愛さからキスをしたりという場面で虫歯菌に感染します。

虫歯菌を移してしまうリスクを減らす為に、ご両親も歯の定期検診に行って口腔内を清潔な状態にしておくといいでしょう。

特に乳歯が生えてくる生後19ヶ月から31ヶ月までの時期は最も注意をしなければならない時期とされています。
この時期に感染予防が出来れば、お子様は虫歯になりにくくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る