インプラントと天然歯との違い

今回はインプラントと天然歯の違い、さらにインプラントのデメリットについてまとめてみました。
しっかりとデメリットも知った上でインプラントを受けることで、自分でも歯に対する意識を高められると思います。

インプラントと天然歯との違い

インプラント
インプラントのデメリット・欠点を説明します。
インプラントは天然歯と違って金属で出来ている為、虫歯にはならず、天然の歯よりも丈夫と言えます。
しかし、インプラントと天然歯に共通してかかる病気が歯周病です。
天然の歯の周りには『歯根膜』と呼ばれる、薄いお肉の膜があります。
この歯根膜は食べ物が歯周ポケットに食べカスなどが入ってきた場合、外に追い出す役目や噛む力を和らげるクッションの役割も果たして居ます。

インプラントにはその歯根膜がなく、骨と直接結合しているため、食べカスがインプラントと歯茎の間に入ってきても吐き出す事が出来ません。
また、強く噛む時にクッションの役割になるものが無いので、力がダイレクトに伝わってしまいます。
異常に噛む力が伝わっていくとインプラントも弱くなってしまいます。
そして食べカスがインプラントと歯茎の境目に入ってくると、歯周病になってしまいますので、定期的なクリーニングが必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る