鼻炎と歯痛の関係

ふとした時に歯に痛みを感じると「あれ?虫歯かな?」と不安に感じると思います。
もちろん行けるのなら歯医者に行ってみてもらった方が良いですが、もし風邪気味ならその痛みは副鼻腔から来ているものかもしれません。

副鼻腔とは上顎の奥歯に近い場所にあるので、副鼻腔炎になってしまっていると歯にも痛みが生じる場合があります。
これは副鼻腔炎によって歯の周りにある歯根膜まで炎症が広がってしまい、特にものを噛んだ時に痛みが出ます。

また、副鼻腔炎の炎症が歯の根元を圧迫していると、歯が浮いたような違和感を感じることがあるそうです。
他にも副鼻腔炎による歯の痛みには、1本だけでなく2、3本がまとめて痛むという特徴があるので、複数の歯に違和感や痛みを感じるようになったら虫歯と一緒に副鼻腔炎の可能性も考える必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る