保険診療と自費診療は何が違うのか

保険診療と自費診療は保険がきくかきかないかの違いがあり、歯科治療においてもその根本の意味は変わりません。

歯科治療で保険のきかない自費治療には、検査や予防、歯列矯正治療、インプラント、貴金属やセラミックの被せ物、ホワイトニングなどの審美的な治療などが挙げられます。
保険の適用範囲内では出来る治療にも限りがあるため、最善の治療を考えて自費診療を選ぶ方も多くいらっしゃいます。
また、保険診療で治療を進めるか自費診療で治療を進めるかは患者が選ぶ事ができます。

保険診療には予め公的機関によって「いくらまでの治療」と値段が決められているため、限られた治療しか行なえない事も多々あります。
自費診療はこうした制約が一切無いので、患者の行ないたい高い精度の治療を受けられるという訳です。

金額面だとパッと見では保険診療が圧倒的に安いですが、場合によっては最初から自費診療をした方が安く済む場合もありますので、自分で判断が難しい場合は担当医師としっかりカウンセリングを行なって決めましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る