フッ素入り歯磨き粉 インプラントの人には良くない!?

インプラントにはフッ素入りの歯磨き粉は使わない方が良い、という話はインプラントをしている人なら聞いたことのある人も多いかもしれません。
少し前までは確かにインプラントとフッ素入り歯磨き粉の相性は良くないと言われていましたが、最近の見解では問題ないことになっているようです。

そもそも何故インプラントとフッ素入り歯磨き粉の相性が悪いと言われていたのかというと、インプラントに使われているチタンがフッ素によって腐食してしまうためです。
しかし、歯磨き粉に含まれているフッ素は1000ppm以下で、更に唾液等によって濃度が低くなることから、普通に使う分には問題が無いという考えに変わっています。
もちろん歯磨き粉を直接チタンに付けたりしてしまうと腐食の危険性がありますが、それは意図的にやらなければあり得ないことなので、普通に歯磨きをする分には気にしなくても良いというわけですね。

結論として問題はありませんが、どうしても気になるという方はそもそもフッ素が配合されていないものにするか、出来るだけフッ素濃度が低い歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る