インプラント矯正とは?

インプラント治療の一つに「インプラント矯正」と呼ばれるものがあります。

インプラント矯正とは、チタン製のプレートやネジ状の器具を顎骨の表面に埋入し、そこを軸に矯正装置を使って歯を位置を変えていく治療方法です。
通常の矯正では歯を支点にしますが、歯がそれぞれ移動するなどして引っ張る力が不安定になりがちです。
しかし、インプラントを軸にして支点をしっかりさせることで、安定した力で歯を引っ張ることができるのです。

またインプラントの埋入位置によって、歯を立体的に動かすことが可能になり、より自然な矯正を行なうことが出来ます。
従来はスペースの関係上、健康な歯でも場合によっては抜歯しなければいけないこともありましたが、インプラント矯正ではその必要もなくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る