歯に出来るシミ ホワイトスポットって?

歯を見ていたら、歯にシミのような白い斑点があるという経験はありませんか?
実はそれはホワイトスポットと呼ばれる現象かもしれません。

ホワイトスポットとは、何らかの原因でエナメル質の構造が一部分のみ出来ずにエナメル質が一部欠損している部分、もしくは、ミネラル分が溶け出してしまい初期虫歯になっている部分のことを指します。

初期虫歯の場合、まだ削ったりする治療が必要無い段階ですので、フッ素塗布やブラッシング指導で再石灰化を促す措置が行なわれます。
しかし、エナメル質が一部欠損している場合は再石灰化で治療することが出来ません。
そのため今までは少し歯を削り、被せ物や詰め物で目立たなくするという治療も行なわれていましたが、細菌では歯のマニキュアによるコーティングや、付け歯である「ラミネートベニア」などで対処することがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る