歯磨きの時に注意したいこと

皆さん毎日歯磨きをしていると思いますが、その歯磨きのやり方が正しいと自信を持って言える方は多くないと思います。
ただ歯ブラシで磨くだけではあまり効果のない歯磨きとなってしまい、非常にもったいないです。
今回は歯磨きの時にしがちだけど実はNGな行動についてご紹介いたします!

まず歯磨きといったら、濡らした歯ブラシに歯磨き粉を付ける方がほとんどでしょう。
しかし、濡らした歯ブラシに歯磨き粉を付けてしまうと、泡立ちが良くなりすぎてしまうのであまり良くないことだと言われています。
どういうことかというと、泡立ちが良くなるとそれだけで磨いた気になってしまい、短時間で歯磨きをやめてしまうことが問題なのです。
歯磨きを早くやめてしまうということは、それだけ磨けていないということですから、磨き残しが増えてしまいます。
歯磨き粉は乾いた歯ブラシにつけるようにしましょう!

また、歯磨きが終わった後の濡れた歯ブラシをそのまま放置してしまうのもNGです。
濡れた状態のままだと、カビや菌が増えやすくなってしまい衛生的に良くありませんので、水で洗い終わった後はタオル等で水気を取った後、風通しの良い場所に保管して感想させることが大切です。
さらに衛生面を考えると、歯ブラシは月1のペースで交換するのがいいとされています。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る