インプラント治療は何歳からできる?

歯を失ったときの治療の選択肢の一つとして、インプラント治療が広く認識されてきています。
歯が無いと聞くと高齢の方を思い浮かべてしまうかもしれませんが、若い方でも様々な理由で歯を失ってしまう方はいます。

若い方のインプラント治療ですが、あまりにも若過ぎると歯並びや見た目に支障が出てしまう可能性があるそうです。
永久歯自体は16歳前後で生え揃いますが、顎の骨は20歳前後まで成長し続ける方もいます。
インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込む必要があります。成長途中の顎の骨にインプラント治療を行なうと顎の成長で周りの歯と段差が出来てしまうことがあるので、年齢的には18歳からインプラント治療が可能となりますが、顎の成長次第では20代前半辺りまで出来ないこともあります。
このような理由から18歳〜20歳前後の方に関しては、治療開始時期は相談次第ということになるのです。

また、持病で薬を飲んでいる場合は、飲んでいる薬の薬の種類によってインプラント手術が出来ないこともあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る