オールオン4のメリット・デメリット

歯を多く失ってしまっている方がインプラントを入れたいと思っても、必要な本数が増えてしまう事から費用的な面、身体的な面から大きな負担がかかってしまいます。
しかし、オールオン4と呼ばれるインプラント治療なら、埋入する本数を最低限必要な本数に抑えられるのでしっかり噛める歯を取り戻しつつ、費用的・身体的な負担も抑える事が出来るのです。

費用が抑えられる、身体的負担が少ないというこの2点だけではなく、オールオン4には他にもメリットがあります。
例えば総入れ歯と違い、完全に固定する事が可能な点です。完全に固定できる事で咀嚼のしやすさも大幅に向上しますし、異物感を感じる事無く自然に使う事が出来ます。

そして、デメリットについても知っておく必要があります。
オールオン4のデメリットとして挙げられるのは、お手入れの難しさや修理の難しさです。
人工の歯肉と自分の歯茎の間に食べ物のカスが溜まってしまうことがあるので、時間をかけてじっくりと自分でお手入れするのはもちろん、定期的に歯科に行きクリーニングしてもらう必要があります。
また、埋入した4本のインプラントのうち1本でも不具合が出た場合、修理するには装着している全ての人工歯を取り外さなければなりません。

オールオン4は、特に総入れ歯で悩んでいる方におすすめの治療法ですが、こうしたメリット、デメリットの両方を知ってから、治療を考えるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る