インプラントのケア


インプラントを使い始めた方に注意して欲しいのが、これからのケアです。
インプラントは病気にならないと思い込んでしまう方が多いのですが、インプラントのお手入れを怠るとインプラントの周りに汚れ(プラーク)がたまってしまい、歯周病やインプラント周囲炎などの病気を引き起こす原因になってしまいます。
本来インプラントは半永久的に使えると言われていますが、これはケアをキチンとしている場合です。
ケアを怠れば1年でインプラントが使えなくなるという事も普通にあり得る話なのです。

インプラントを入れれば担当の歯科医からこれからのケアやメンテナンスについての案内が行なわれると思いますので、その指示を守るようにしましょう。
定期的なクリーニングに足を運べばきちんとケアできるだけでなく、どこがどう上手く磨けていない等の弱点も知る事ができます。

こういったケアをきちんと進めていけば、インプラントとの付き合いもその分長くなりますよ。




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る