口腔ケアにはチョコレート?正しい食べ方

お子様から大人まで多くの方が大好きなチョコレートですが、チョコレートは歯の大敵とイメージが強いですよね。
しかし実は上手にチョコレートを摂取すれば、虫歯菌や歯周病菌の抗菌・殺菌作用が期待出来るのです。

チョコレートと虫歯の関係

インプラント
「甘いものを食べると虫歯になる」なんて言葉の代表のようなチョコレートですが、チョコレートを食べて虫歯になるということはありません。
先ほども記載した通り、チョコレートは虫歯や歯周病の予防に役立てられる食べ物なのです。

抗菌・殺菌作用はチョコレートの成分であるカカオに含まれるポリフェノールの効果ですので、カカオが多く含まれているビターチョコがオススメです。
最近では砂糖の代わりにキシリトールを甘味料としているチョコレートもあるそうです。

しかしどんな食べ物でも、食後に歯磨きをしなければ虫歯になりますので、過信しすぎずに口腔ケアを欠かさずに行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る