【最先端治療】インプラントの光機能化技術

インプラントの最先端技術として注目を浴びている、「光機能化技術」についてご紹介致します。

インプラントの光機能化技術とは?

インプラント
従来のインプラント治療よりも、安心・安全で多くのメリットを生み出すとされているのがこの「光機能化技術」です。
この技術はカルフォルニア大学ロザンゼルス校で日本人の小川隆広教授が発見・発明し、その後実用化に向けて日米で共同開発が進められている画期的な技術です。

この技術によりインプラント治療の成功率の向上や、治療期間の短縮化等が可能になります。
インプラント治療に重要な事は、人工歯根であるインプラントが自分の骨とより強くくっつくことなのですが、インプラントに使われる金属「チタン」が製造されてから治療に使われるまでの時間が経ってしまうほど、骨を作る能力が低下していく事を小川教授が発見しました。
チタンの劣化はたとえ新品・未開封であっても起こってしまう為、現在のインプラントは本来の骨を作る能力が最高の状態ではない事が分かりました。

「光機能化技術」では、こうして劣化してしまった骨を作る能力を最高の状態に戻す事が出来る技術となります。
そのため、インプラントと骨がより強くくっつき、治療期間短縮や使用するインプラントをより短くする事も可能になりました。
更に神経麻痺や血管の損傷等の合併症の防止にも繋がり、より安全なインプラント治療を行なえます。

現在は全国200施設以上の大学病院や歯科医院で「光機能化技術」を受けることが可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る