インプラントの型取り

今回はストローマンインプラントの場合に一般的に行なわれる、『ソリッドヘッドによるスナップオン法』によるインプラントの型取りをご紹介致します。

1回法のインプラントの場合は、既に口腔内にヒーリングキャップが見える状態となっていますので、それを消毒します。
そのまま土台を装着したら、型を取る為の器具をその土台に装着し、この取り付けた器具ごと型を取っていき、1回目の型取りは完了です。

このままでは大まかな型のままですので、1分程度放置したら、2回目のより精巧な型をとっていきます。
その後、1回目にとった型とヒーリングキャップ部分に印象剤を流し込み、再び型をとっていきます。
硬化まで約4分待ったら、最初の方に取り付けた白い器具が型に取り込まれますので、ここに土台を挿入して、型取りが完成しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る