炭酸飲料は歯を溶かす?

「炭酸は歯を溶かすからあまり飲んじゃダメ」と言われた経験はありませんか?
結論から言うと、「歯を炭酸の中に浸け続けると溶ける」ということになります。

この「溶ける」という原因は酸が大きく関わってきます。
歯の表面のエナメル質は酸に弱く、炭酸飲料などで口の中の酸性が強くなると溶け始めてしまいます。
ただ、私達の口の中には唾液があります。この唾液は口内の状態を中性に保つ作用があるため、酸性が強くなっても唾液によって口の中は中性に戻ります。

炭酸を口の中に溜めて飲んだり、飲みきるまで時間がかかったり、寝る前に飲んだりするのは歯と酸が触れ合う時間が多くなるのでそれだけダメージが大きくなります。

炭酸飲料を飲み時にはできるだけ早く飲み切るようにしたり、飲んだ後水やお茶などを飲んだりして口の中の酸性を洗い流したりするなど、少し意識して飲むようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る